Pocket

確定申告の時期が今年も近づいて参りました。確定申告をするまでに様々な必要書類を用意する必要がありますが、今回は確定申告では外せない帳簿付け(記帳)について書いていこうと思います。

青色申告をするには?

どうせなら、控除額の大きい65万円の青色申告を受けたいと思うけど、忙しくてなかなか帳簿付けもできないし…という話を時々伺います。実際のところ、青色申告で65万円控除を受けるためには、総勘定元帳と仕訳帳という帳簿を作る必要があり、7年間保存するきまりとなっています。
総勘定元帳とは、取引を勘定科目ごとにまとめた帳簿のことで、仕訳帳とは、取引を日付順に記録した帳簿のことです。そのほか、補助簿と呼ばれる、現金出納帳、売掛帳、買掛帳などもありますが、必要に応じて作ればよいことになっています。文章にすると…確かになかなか大変そうに感じます。

 

 

 

 

 

 

簡単に記帳する方法はないの?

色々な帳簿付け、やっぱり面倒だ…って思われるかもしれません。ですが、最近では簡単な入力で帳簿作りができる会計ソフトがありますので、なかなか手が回らないという方にはオススメです。
取引内容を入力していくことで、他の帳簿についても自動的に作ることができて、確定申告に対応しているものもあります。日常的には、会計ソフトへの入力と領収書を管理することで、日々の記帳や年末調整、確定申告書まで作ることができます。確定申告書も様式に合わせて入力することができ、青色申告に必要な貸借対照表と損益計算書も合わせてプリントすることができるので、非常に便利です。

それでも…忙しいからやっぱり後回しになってしまうなど、お仕事が忙しい方に、弊事務所では、記帳代行サービスを行っています。クラウド会計ソフトfreeeを用いて、入力や領収書の整理、アドバイスなどを行っております。クラウドなので弊事務所だけでなく、ご依頼の方もご自宅や会社などで、いつでも内容の確認やデータをプリントすることができます。場合によっては、ご依頼のお客様と電話をしながら、お互いにデータを確認することも出来ますので使い勝手もよく、ご好評頂いております。

ちなみに、これから青色申告を始める方は、3月15日までに、最寄りの税務署に「所得税の青色申告承認申請書」(国税庁ホームページからダウンロード、もしくは税務署にあります)を提出しなければなりませんので、注意が必要です。

行政書士清水すなお事務所では、横浜を中心に、年間50件の会社設立実績があり、あらゆる業種にわたり会社設立・会社起業のご相談に対応しております。また、記帳の代行サービスも行っています。お気軽にご相談下さい。

Pocket

無料で問い合わせてみる