IoTについて

IoTとは?

皆様は、IoTという言葉をご存知でしょうか?

 

IoTとは、「Internet of Things」の略語で、「モノのインターネット」と訳されます。身の回りの様々なモノがインターネットにつながり、モノから得た情報を保存、解析するような概念を指します。

  

IoT活用事例

例えば、開閉ドアにIoTを採用し、子供やペット、認知症のご老人の入退室をドアから感知し、クラウドでそのデータを確認することができるようなシステム。

部屋の温度、騒音、気圧などを外部から確認できるシステムなどが挙げられます。

 

ダイドードリンコの自動販売機にもIoTが採用されています。アイトラッキングという機能を付け、お客の視点が下段に集まることを発見しました。このようにマーケティングツールとしても幅広く実用化されており、その可能性は幅広いものがあります。

 

また設備に備え付けだけではなく、体に着けるウェアラブル端末もこのIoTの一つです。

 

例としては、アップルが発売したApple Watchにも、「血流カメラ」という機能があり、つけている人の心拍数を図ることが出来ます。それがクラウド上へと繋がっていて、結果的には集合データを作り上げます。

 

Iotで拡がる可能性

このIoTは1999年に生まれた用語ですが、当時は一般的に広く浸透しておりませんでした。ここまで世界的に認知され浸透したのは、センサーやその他のハードウェアのコスト低下、様々なデバイスからアクセスでき、膨大なデータが保存可能なクラウドの登場、人工知能の進化によりビックデータ解析技術が向上したこと等により、実用化のハードルが大きく下がったことが要因として挙げられます。

 

IoTの導入により、確度の高いマーケティングの実現だけでなく、膨大なデータに基づくユニークなサービスを生み出すことが可能になります。IoTを自社のみで完結させ、イノベーションを生み出す必要はありません。専門分野を持った企業と連携し、共同でIoTの仕組みを構築することにより、自社のIoTへの取り組みが加速することとなるでしょう。

 

 

これから起業をお考えの方は、今普及の広がりつつあるこの技術、IoTを活用したビジネスに着目してみても良いかもしれません。

 

行政書士清水すなお事務所では、横浜を中心に、年間50件の会社設立実績があり、あらゆる業種にわたり会社設立・会社起業のご相談に対応しております、お気軽にご相談下さい。