Pocket

「株式会社(法人化)と個人事業(フリーランス)、どちらが得でしょうか?」
時々こんな質問を受けるのですが、実は、その人の考え方・状況で適切なものを選べばよいと考えています。

一般的には、税金の損得で考えるようなことが多いのかもしれないです。

金銭的なことを書くと、株式会社では登記で20万円超、合同会社では登記6万円、また赤字でも法人事業税7万円支払う必要があります。

経費がどのくらいになるかで変わりますが、「売上で800万円~1,000万円」で税金メリットが得られる目安となります。

しかし実際のところ税金だけに割り切れないメリット、デメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

設立手続きや、決算がめんどうくさい(デメリット)

株式会社で事業を興すと、登記や決算などの手続きがかなり大変なことです。(合同会社にすると登記手続きは少し軽減されるかと思います。)会社設立手続きにおいては、定款の作成、登記書類など少しの間違いでもすぐ修正するように言われ、役所に何度も足を運ぶのが普通です。決算においても、提出する書類の分量が個人事業主よりはるかに多いです。別表など、たくさんの追加情報を提出する義務があり、書類準備時間にかなりの時間を要します。

公私混同が少なくなる(メリット)

株式会社(または合同会社)になると、役員報酬は、毎月決まった金額を支払わなくてはなりません。(給料の感覚に近いです。)好きなときに好きな金額をおろせなくなるのですが、その分会社とプライベートをしっかり分けることができます。

規模の大きい取引先との事業がスムーズに運ぶ!(メリット)

意外と規模の大きい会社と取引を始める際に「法人」であることが条件になります。弊所でもこのパターンで「会社設立」のお仕事依頼がきます。会社によっては、個人事業主との取引を敬遠する場合や、契約に判断に入れる場合があります。最近は、会社規模の大小に関わらず相手を評価する企業も増えたと思いますが、まだまだ「株式会社」で事業をすることが「信用」につながるケースは多いです。

早めに会社設立すると、忙しいときに法人化を考えなくてもよくなる

「儲かってから、法人化の手続きをしよう」とお考えの方は多いと思います。ところが儲かっているタイミングというのは事業がすごく忙しいときと言えます。そんなときに株式会社に変える手続きを行ったり、経費の付け方など仕組みを変えていくのは心理的・物理的にもとても大変です。

まとめ

株式会社、個人事業主のどちらが得というのは、その人の状況により異なるので一言で言えるものではありません。
「信用」の点では、まだまだ「株式会社(会社設立)」の方が高いと言えます。

大手の会社、不動産会社との契約において、法人であることが一つの条件になることも多いです。

 

弊所では横浜を中心に会社設立をサポートしております。会社設立なら100件以上の実績がある、行政書士清水すなお事務所にお任せください。初回相談は無料で行っています。

Pocket

無料で問い合わせてみる