ホームページを作る前にやっておくべき3つのこと

弊事務所ではホームページからの集客に力を入れています。昨年はホームページ制作サービスも開始しました。 

おかげさまで、社会保険労務士や税理士の方から、制作のご依頼をいただいております。また、ホームページに関するお問い合わせをいただくことも増えてきました。 

 

ところが、「ホームページを作りたい!」と意気込んでいる方に、実際にどういうホームページを作りたいのか詳しくお伺いしていくと、途端にあやふやになってしまうことがあります。 

コンセプトをしっかり決めておかないと、ホームページ制作はなかなか先に進みません。 

 

そこで今回は、ホームページを作る前にやっておいたほうがいい、3つのポイントについてご説明します。 

1.顧客のニーズをつかむ

どんなに素晴らしいサービスや商品を提供しても、顧客のニーズと一致しなければ、購入してもらうことはできません。 

重要なのは「ユーザー目線」です。ホームページを訪れる人が何を求めているのか、ユーザーになりきって考えてみてください。 

 

また、ターゲットとなるユーザーを絞り込むことも大切です。ホームページを作る側としては、老若男女どんな人からも好かれるホームページを作りたいと思ってしまいがちです。しかし、それでは顧客の心をつかむ効果が薄くなってしまいます。 

どんなユーザーに訪れてもらいたいか、年齢、性別、職業、年収、家族構成、趣味、ライフスタイルなどを細かくイメージしてみましょう。このようにして作り上げる具体的なユーザー像を「ペルソナ」と言います。 

既存の顧客データがあれば、それを土台としてペルソナを作り込むこともできます。 

ペルソナを作り込むことで、ユーザー目線で考えやすくなります。また、制作途中でターゲットがぶれてしまうこともありません。 

2.自分だけの「強み」が何なのか考える

例えば、高いお金を出して、凝りに凝ったデザインのホームページを作ったとします。しかし、そこで紹介されているサービスや商品が、どこにでもあるような平凡なものだったらユーザーはどう思うでしょうか? 

 

ユーザーに「買いたい」と思っていただくためには、他にはない「強み」をはっきりと打ち出していく必要があります。 

まずは、提供しているサービスや商品がどういうものなのか、他と何が違うのか、しっかり把握しておきましょう。 

「強み」を自覚することで、サービスや商品の質を高めることにもつながります。 

3.目標を決める

目標を決めておかないと、ホームページを作っても、成功しているのかどうか判断ができません。 

「お客様を増やしたい」といった曖昧な目標ではなく、具体的な数値目標を決めます。例えば、 

・ホームページからの問い合わせが1ヶ月で100件 

・ホームページからの売り上げが1ヶ月で100万円 

といったものです。 

大きな目標を決めれば、そこから逆算して小さな目標を決めていくことができます。小さな目標を決めれば、一つ一つを達成するための道筋が見えやすくなります。

ホームページの構成を考える段階から目標を決めておくことで、目的に沿ったホームページを作成することができるようになります。

 

ホームページを立ち上げたら、運営しながら常に目標を見直していくことも重要です。 

まとめ

ホームページを作る前には、以下の3つのポイントを考えておくことが重要です。

・顧客のニーズ

・自分だけの「強み」

・具体的な目標

 

これら3つのことを全てやっても、それで終わりというわけではありません。ホームページから集客するためには、立ち上げた後の運営こそが大切です。 

弊事務所では、これまでに蓄積したサイト運営のノウハウを元に、コンサルティングも行っております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。 

※弊事務所で制作したホームページだけでなく、既存のサイトを対象としたコンサルティングも可能です。  

※既存のお客様と同一地域・同一サービスなど、対応できない場合がある旨ご了承ください。

ホームページ制作の相談は、5つのサイト運営実績を持つ行政書士清水すなお事務所にお任せ下さい。相談料は無料です。税理士、社労士など士業の方もOKです!