Pocket

先日『リブセンス(生きる意味)』(日経BP社)を読む機会がありました。

リブセンスは、ジョブセンスなど仕事・人材紹介などのWEB運営をする会社で、「生きる意味」という意味が込められています。
http://www.livesense.co.jp/

 

 

 

 

 

社長は村上太一氏で、早稲田大学時代より創業し、わずか5年程で、東証マザーズに上場しています。

私も時々リブセンス・村上氏が出演するTV番組を見ますが、発言の内容を聞いて勉強になることも多いです。

最近学生起業の数も増加し、この傾向は続くものと考えます。

私も横浜在住の学生の方より起業相談を受けたりしますが、実社会の把握が足りないと思う一方で、発想の新しさに感心することもあります。

アルバイトが成約した応募者には、お祝金が最大2万円もらえるサービスは、企業からは青臭い発想と当初捉えられていました。

たとえ画期的、斬新なアイデアも、浸透するには相応の時間がかかるものです。

「SEOの本を片っ端から読んで研究を重ねた」というように、今の時代WEBマーケティングの視点は非常に有効だと言えます。

これから起業を行う上で、IT(とりわけSEO)の技術に強くなることは時代の要請です。

この本には、会社設立にまつわること、起業コンテストに優勝するために行動した事業計画書づくり、見事コンテストに優勝したものの創業間もなときは、サービスが浸透せず、資金がなくなる寸前であったことなど、これから起業する上でヒントになることが、多分に書かれています。

売上が伸び悩んでいるときに、お客をこれまで以上に喜ばせることを考え尽くしたことが、リブセンスの飛躍につながったと言えます。

私も自分の事務所のサービスを見直し、お客さまにもっと喜ばれるサービスを創り出そうと思います。

 

弊所では横浜を中心に会社設立をサポートしております。会社設立なら100件以上の実績がある、行政書士清水すなお事務所にお任せください。初回相談は無料で行っています。

Pocket

無料で問い合わせてみる