Pocket

起業(会社設立)後からが「本当のスタート」が始まるといえます。
当事務所を含め会社設立に関わっている専門家のサイトでは、「定款」「登記」を中心に手続きについて書かれています。

好調なスタートを切るために、スムーズな手続きは不可欠ですが、経営面についても今回書きたいと思います。

 

 

 

 

 

-起業(会社設立)後に押さえておく3つのポイント-

① 手元の現金管理

事業・会社を続けられるのは、物理的にいえば、現金があるからです。極端に書けば、倒産するということは、手元に現金がなくなるとことを意味しています。今会社にどのくらい現金があり、いつの時点でいくら入金があるのか、いくら支払いがあるのか、起業家・経営者の方は把握しておきましょう。(このことを「資金繰り」と言います。)

② 顧客目線を持って、売上を上げていく

会社を経営していくことで、最も大変なことが、売上を上げていくことです。起業した時点では、売上を上げることが優先になります。ターゲットとなる顧客をリサーチし、顧客に喜ばれる商品、サービスの開発や投入した上で、対価を頂くという仕組みを作ることです。
顧客をリサーチするとともに、競合(ライバル会社)との分析・比較を行い、自社のオリジナリティを作ることも大切です。

③ 投資マインド

起業・創業時点では、何かと経費がかかります。かといって、現金が足りなくなるからと言って、必要なところにお金をかけないのは、起業ではあり得ない話です(そのため起業が大変だし、苦しむ訳です)。「リターンを得るためには、それなりのリスクを取る」マインドを忘れずに経営を行うことが大切です。どの程度リスクが取れるか、初めから決めておくと、軌道修正も行いやすくなります。その意味でも「計画」を立て、想定されるリスクとその対応策を講じておくことが、投資回収の可能性を高めることになります。

 

弊所では横浜を中心に会社設立をサポートしております。会社設立なら100件以上の実績がある、行政書士清水すなお事務所にお任せください。初回相談は無料で行っています。

Pocket

無料で問い合わせてみる