Pocket

 

 

 

 

 

 

会社は、会社設立後が肝心!

横浜を中心に会社設立のご依頼などに対応している幣行政書士事務所ですが、「会社設立した後が大切です。」とよくお客様に話すようにしています。
数百万円資本金として準備した資金も、1年も経たずほぼなくなってしまう事例をそれなりに見てきたからです。

ミッションをつくる

今回のテーマは「ミッションをつくる」ですが、ミッションをつくると会社の寿命が3倍延びる、と言われています。
「なぜ、ミッションをつくると3倍会社の寿命が延びる」のでしょうか。

事務所の事例

実は幣行政書士事務所も、ミッションというかクレドを作成しています。「行政書士の枠に捉われず、お客様へ喜び・満足などを提供する」趣旨ですが、事務所のポリシーを表しています。
士業の事務所へ相談すると、「私は○○士なので、○○以外のことはお答えできません。」と言われたことはありませんでしょうか。私はこういったことを話す専門家を度々見てきましたので、「例え専門外のことを聞かれても、その道の専門家に確認して、答えればいいのに」と考えていました。この考え方が、クレドにも出ています。

会社がそれなりに大きくなり、人を入れるようになると、入社した方も会社の方針、考え方を理解して頂くことが必要になってきます。そこで「ミッションをつくる」ということを始めるのです。一人のときはミッションがなくとも、さほど問題は起こらないかもしれませんが、「どういう思いでビジネスをしているか。」がお客様にも伝われば、共鳴してあなたへ依頼することも起こることもあります。

 

行政書士清水すなお事務所では、会社設立後のご相談にも対応していますので、お気軽にご相談下さい。

Pocket

無料で問い合わせてみる