英文契約書

幣行政書士事務所では、他の士業事務所ではあまり扱っていない、英文契約書サービスを行っています。

 

おかげさまで、横浜市、神奈川県の他、東京の会社(外資系企業も含めて)からも英文契約書のご依頼を頂いています。今回は、英文契約書について解説していきます。

英文契約書と契約書の違い

時々、お客様と話していますと、「通常の契約書を英訳すると、英文契約書になるのでは。」とお考えの方もいらっしゃいます。結論から書きますと、日本でよく使われる契約書と、英文契約書の条文はかなり異なります。

 

例えば、日本での契約書には、用語の定義を見かけることは、ほとんどありませんが、英文契約書においては、定義(Definitions)条項が初めに来ることが多いです。当事者にとって、仮に同じ用語であっても、それぞれ意味または解釈が、文化の違いなどにより異なるかもしれないからです。

英文契約書の依頼の種類

弊所に頂く英文契約書の依頼は、「英文契約書の作成」、「リーガルチェック」、「和訳または英訳」が多いです。

 

「英文契約書の作成」の依頼は、ある程度海外との取引をしている企業様からが比較的多いです。相手方の契約書ドラフトであれば、相手方にとって有利な内容も多分に含まれていることを、ある程度理解されているからだと考えられます。

 

「リーガルチェック」は、相手方から送られてきた契約書ドラフトをチェックするのですが、契約書の背景や、依頼者の要望を事前に把握しています。相手方に有利な条文も相当含まれていることが多く、そのまま署名すると不公平な取引になってしまう事例もこれまで見てきました。

英文契約書の報酬体系

専門家に英文契約書を診て頂くとなると、よくタイムチャージ(時間課金)制で行っている事務所が多いです。しかし、依頼する側になると、契約書を診てもらう、作成するとなると、「どのくらいの時間で対応してもらえるだろうか?」、「もしかしたら、長い時間かけられて高額になるのでは?」と心配されるのではないでしょうか。 私が知る限り、1時間当たり4~5万円で行う事務所が多く、比較的高額と言えます。そこで、弊所では、ページ数単位の料金体系を設定し、報酬においても明確にしております。

 

英文契約書でお困りの方は、行政書士清水すなお事務所にお任せ下さい!相談料は無料で、土日も対応しています。