個人事業主2.0とは

仕事の合間に、ネットを見ていると、『個人事業主2.0』という言葉が飛び込んだ。

 

一体何だろうと思って、記事を読み進めていきました。

 

簡単にですが、「個人事業主2.0とは何か」についてまとめてみます。

 

2014年3月に野村総合研究所が発表したものです。

https://docs.google.com/file/d/0BybijX5pro20Y05oY0lEbm9EaGc/edit

 

その内容ですが、

”Web・クラウドを使いこなし新しいワークスタイルを実現している個人事業主=「個人事業主2.0」は日本の経済・社会に対してプラスのインパクトを与える重要な存在である”(会社設立をし、少人数で運営しているところも含みます。)

 

1.個人事業主2.0は既に日本に72万人存在し、まだ増えるポテンシャルがある。

●アメリカに比べると日本は中小企業のクラウドシフトが進んでいないが、逆に言えば、今後個人事業主が2.0化して生産性や幸福度を向上させる余地がある。

 

2.個人事業主2.0が増えれば、働きがいをもって幸せに仕事ができる人が増える。

●個人事業主、特に個人事業主2.0は雇用される働き方よりも幸福度の高い働き方を手に入れられている。

●「正規」か「非正規」という形では、本当に望んでいたワークスタイルを実現できない、あるいは不満を抱えた状態で就労していた層が、「個人事業主2.0」というあり方で自由度の高いワークスタイルを実現できる。

 

などなど。果たして横浜には、何名「個人事業主2.0」の方がいるのだろうか?

大切なのは、会社設立・起業するときに、お客様に向けて価値のあるサービスやコンテンツを作り込むことだと言えます。

アメリカと比較したとき、日本にはまだクラウド使用率が低いので、チャンスが眠っているかもしれないです。