事業計画書のポイント

事業計画書は決まった書式がないので、「自由」に書くことができます。

 

と言っても、「どう書けばいいの?」という声が聞こえてきそうです。

 

そこで、どういうところに気をつけて書いたらいいか列挙してみます。

 

☆儲けの仕組み

☆立ち上げの戦略

☆プロジェクト管理

 

まずは、この3つを意識して事業計画書を書いていきましょう。

 

儲けの仕組みを考えるのときの検討項目は多数あるのですが、

ライバル会社の分析(強み・弱み)を踏まえた上で、

自分はどの領域で、どう展開していくか、明確にすることが決め手です!

 

立ち上げの戦略でよく言われることは、

「明日の朝9時に何をすればよいか、わかる」です。

某予備校講師のCMの言葉ではありませんが、今すぐ具体的に行動することがわかることが大切です。

 

プロジェクト管理には、

スケジュール管理、タスク管理などを含めておくとよいです。

 

起業あるいは会社設立時に

「机上で考えることと、実際に行動することは異なるので、事業計画書を立てるのは意味がない」

と考えている方も意外に多いです。

 

確かに、計画通りに物事が運ぶことはありませんが、 

計画無しの起業では、それこそ出たとこ勝負となり、多大な危険を伴います。

 

紙の上で実際に事業構想を書き出すことが、成功に近づく第一歩です。