会社設立を横浜市・神奈川県でお考えなら、会社設立サポート横浜にお任せ下さい!

英文契約書サービス

  • HOME »
  • 英文契約書サービス
Pocket

英文契約書作成サービス

「英文契約書は、独特な言い回しが多くて、わからない…。」
「相手方から英文契約書ドラフトが送られてきたけど、どこにリスクがあり、どのように対処した方がよいのだろうか?」
「費用はできるだけ抑えて、最低限のリスクに対応した英文契約書を作ってもらいたい。」
そんなご要望にお応えした、新しい英文契約書サービスを、あなたへ提供致します!

横浜を中心に英文契約書で海外ビジネスをサポート!

「海外へ活路を見出す」「海外とのビジネスを行う」方を応援するために、弊所では、英文契約書をベースに海外ビジネスの支援を行っています。代表自身、アメリカ・ニューヨークで勤務した経験や米国公認会計士(全科目合格)のバックグランドがありますので、単に英語ができるだけでなく、文化、商習慣の違いまで踏まえたアドバイスも行えます。

海外に関わるビジネスをするなら、英文契約書は必須!

日本国内ではお互いの信頼関係で、口頭でビジネスを行うことはあるかもしれませんが、海外と関わるビジネスを行うなら、契約書は必須です。
しかし英文契約書は、独特な専門用語が多く、ページ数も50ページを超える場合もあります。しかし相手側から送られてくるドラフトでは、相手側有利(自社にとっては不利)な条件で書かれていることが多いのも事実です。
そこで、当事務所では、あなたの海外と関わるビジネスを後押しするために、あなたの立場に立った「英文契約書サービス」を行っています。

日本国内の契約書と英文契約書の違い

一般的ではありますが、日本国内においては、契約そのものが当事者間の「信頼の証し」であり、両当事者信頼し合い、両者の協力関係を築く第一歩として契約書を交わします。そのため契約書の内容は細部まで記載されない場合が多いです。

しかし、国際取引の場合、相手方は、国籍・言語・商習慣など異なります。従って欧米基準で書かれた契約書は、最悪の事態を想定して書かれた契約書と言えます。契約内容も細部まで取り決めを行うため、弊所においても50ページ近くの契約書を見かけることもあります。そこで英文契約書においては、軽々しくサインをせずに、細心の注意をもって内容を慎重にチェックする姿勢が不可欠なのです。

英文契約書における、当事務所の5つの特徴

1.法律事務所(弁護士)より50%以上安い価格で、英文契約書作成を行えます!

2.アメリカでのビジネス経験があり、米国公認会計士にも全科目合格しています。

3.相談料は無料です!平日夜・土日も対応しています。

4.相手方から提出された英文契約書案の翻訳および法的アドバイスも行います。

5.英文会計、海外進出に関わる融資にも対応。

実は、自社で英文契約書を用意する方が得です!

とりわけ海外ビジネスでは、契約書は交渉の合意内容の結果みたいなものです。日本人にとって、英語はハードルとなりやすく、さらに「契約書」となると難しく感じられると思います。

そのため相手側が契約書ドラフトを作成した場合、日本では考えられない程、相手側に相当有利な内容及び条件で提示されるケースが殆どです。そのため、リーガルチェックを行い、周到な反論および条件緩和などを準備し、さらに英文にて対案を提示した上で再交渉するため、粘り強い交渉力と多大な労力が必要とされます。

例えば、英文契約書によく出てくる「準拠法」においても、日本国なのか、相手方の国かというだけで、対応が全く異なってきます。仮に相手国側の法律で契約を交わし、万一訴訟に至った場合、相手国側の法律に精通し、かつ日本語にも対応した弁護士を探す必要がございます。こういった弁護士は非常に限られていますので、法的コストも多大になると言えます。

そこで、当事務所においては、相手方が契約書を用意する前に、こちらが先に契約書を用意し、交渉もできるだけ優位に進める方法を勧めています!

英文契約書に雛型・テンプレートはあるのか?

時折お問い合わせされる方より、「英文売買契約書、英文代理店契約書などの雛型またはテンプレートはございますか?」といったお尋ねがあります。

結論から書きますと、「あなたに即した雛型あるいはテンプレートは存在しない」です。英文売買契約においても、売り手側、買い手側の立場で取り決めしたい内容は変わります。確かにネットには、雛型・テンプレートはありますが、仮に買い手側の方が、売り手側の立場の英文契約書の雛型・テンプレートを選んだ場合、非常に不利な条件で契約を結んでしまうことになります。

しかし貴社における「標準的な英文契約書の雛型・テンプレート」作成には対応しております。

これまでの実績(英文契約書作成・リーガルチェック)

おかげさまで、サービスを始めて1年半足らずにて、様々な英文契約書に関わる依頼を受けています。

  • 日本での商品販売会社より、タイ製造工場との製造委託契約書
  • スイス検査機器メーカーとの、日本での独占販売契約書(代理店契約)
  • 海外本社による日本向け美術品・オブジェ販売契約書
  • 海外部品メーカーとの、日本における独占販売契約(代理店契約)
  • 中国メーカーとの、日本での非独占販売契約書のリーガル・チェック
  • 日本旅行会社と、ミャンマー旅行会社間の契約および公正証書サポート
  • 韓国部品メーカーと、日本部品メーカーによる業務提携契約書の翻訳・リーガルチェック
  • 日本メーカー製品におけるヨーロッパ総販売代理権契約書の翻訳・リーガルチェック
  • アメリカ合衆国州政府発行の公的申請書の翻訳
  • 株式会社(日本にて設立)の定款の英訳
  • シリコンバレーの会社とのコンサルティング業務契約書のリーガル・チェック
  • 海外アーティストとのロイヤルティ契約(英文)の作成
  • 外資系企業からの依頼による、開発請負契約書の英訳、和訳及びリーガルチェック
  • マーケティング・コンサルティング契約書(英文)の作成
  • ソフトウェア会社からの依頼による、秘密保持契約書(英文)の作成

*上記のように横浜、神奈川、東京の企業・起業家の方々より「英文契約書」の依頼を頂いています。神奈川県・東京以外の地域でもスカイプ等の対応が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

分かりやすい料金体系

英文契約書作成・英訳サービス 1ページ(A4)当たり2万円
英文契約書翻訳サービス 1ページ(A4)当たり1万円
リーガルチェック(法的リスク)サービス 1ページ(A4)当たり7,500円

*料金は税別価格です。
*英文契約書作成サービスに和文対訳を希望される場合は、「英文契約書作成サービス」と「英文契約書翻訳サービス」を加えた料金となります。
*リーガルチェックを行った後、英文契約書作成を希望される場合は、「リーガルチェック・サービス」と「英文契約書作成サービス」を加えた料金となります。


法律事務所(弁護士)に依頼される場合、相場として1時間当たり4~5万円かかると言われています。仮に契約書作成に10時間かかるのであれば、40~50万円英文契約書作成に経費がかかり、相談料も別途かかることになります。当事務所では「経費をさほどかけず、しかも最低限必要な契約要件を確保する」英文契約書を作成し、あなたの海外ビジネスの後押しを致します。

そもそも契約書は作成が目的ではなく、「ビジネスを円滑に進める」ために合意した内容を文書に残すことですこの原点を踏まえて、英文契約書サービスを行います。

英文契約書に関するお悩みは、国際ビジネス経験もある、行政書士清水すなお事務所まで、お気軽にお問い合わせ下さい。平日夜・土日も対応しております。
Pocket

無料で問い合わせてみる

無料相談窓口 TEL 045-392-3713 夜間・土日・休日も対応 行政書士清水すなお事務所

PAGETOP
Copyright © 会社設立サポート横浜 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.