(設立)登記とは…

「登記(とうき)」という言葉も耳慣れない言葉だと思います。

 

登記とは、簡単に書くと、公に示すための手続きです。管轄の法務局にて手続きを行います。

 

会社設立において、登記申請に必要な書類は以下のものです。

 

・登記申請書

・定款

・発起人決定書

・代表取締役就任承諾書

・取締役就任承諾書

・印鑑証明書(取締役就任の方)

・払込証明書

・OCR用紙

・印鑑届

 

さらに現物出資がある場合には、

・財産引継書

・資本金の額の計上に関する証明書

 

現物出資が500万円以上の場合は、

・調査報告書

も必要になります。

 

法務局は、審査が厳しい役所ですので、一字一句に注意を払う必要があります。

 

例えば「1-3-5」といったように通常住所を書きますが、会社設立で記載する住所は

「一丁目3番地5号」というように印鑑証明書通りに記載する必要がございます。

 

これまで実例による注意点

・申請しようとする法務局が、法人登記も扱っているか、ご確認ください。

・申請しようとする法務局が、管轄区域がどうか、ご確認ください。

・申請する前に「相談窓口」で、書類の確認をお願いすることをお勧めします。

・日付はとても大事ですので、「相談窓口」で確認しながら記入してもよいです。

・書類には、個人印・会社印とそれぞれ決まっていますので、混合して押さないようにしてください。

・収入印紙(登録免許税)は、書類の確認後、最後に貼るとよいです。

 

当事務所では、ご本人様による申請と、提携司法書士による申請をお選びできます。