定款作成のポイント(株式会社の場合)

定款は「会社の憲法」と言われる程、重要な事項を決めていきます。

 

決める内容はいうと、

1.会社名(法律では、商号といいます。)

  株式会社(合同会社)は、会社名の前につけても後につけても構いません。

  例)株式会社○○、○○株式会社

 

2.本社(法律では、本店といいます。)所在地

 

3.事業内容(法律では、目的といいます。)

  *事業に許可が必要なものは、目的に許可事業名を入れることが必要です。

  *最後に「前各号に付帯関連する一切の業務」を書くのをお勧めします。

 

4.出資者・出資金額

  合計した出資金額が資本金になります。「資本金は事業の本気度を表す」とも言われます。

  ということで、できるだけ多くの金額をお勧めします。

  (消費税の免税特例の都合上、当事務所では、1,000万円に達しない額を上限とお伝えしています。)

 

5.決算月

  会社にすれば、自由に決算月を決めることができます。

  決算時期は事務処理が増えますので、繁忙期を避けることをお勧めしています。

  

6.株式の譲渡制限の有無

  株式は経営権の意味合いもありますので、誰でも株式を譲渡できるとすると、大変なことになります。

  通常は、株式の譲渡制限を行います。

 

7.取締役会・監査役の設置の有無

 

8.取締役(監査役)の任期

 

9.代表取締役の選定方法

 

10.公示方法

 

11.印鑑証明書(出資者分)の用意