会社設立後に行う手続き

会社設立後には、様々な手続き・届け出が必要です。

 

(1)銀行口座の開設

 □ 登記簿謄本

 □ 印鑑証明書

 □ 定款

 □ 会社代表印及び銀行印

 □ 代表者の身分証明書 など

(*口座開設を行う銀行に、予めご確認ください。)

 

(2)各種届け出

【税金関係】

<税務署へ提出するもの>

 □ 法人成立届出書

 □ 給与支払事務所等の開設届出書、源泉所得税の納期の特例の申請書

 □ 青色申告の承認申請書

 □ 減価償却資産の償却方法の届出書、棚卸資産の評価方法の届出書

<都道府県税事務所、市町村役場へ提出するもの>

 □ 事業開始等申告書

 

【社会保険関係】

<年金事務所へ提出するもの>

 □ 健康保険・厚生年金 新規適用届

<労働基準監督署へ提出するもの>(従業員を雇用する場合)

 □ 労働保険関係成立届、労働保険概算保険料申告書

<ハローワークへ提出するもの>(従業員を雇用する場合)

 □ 雇用保険適用事業所設置届

 

(*事前に諸官庁へご確認することをお勧めします。)

当事務所では、会社設立後の必要な書類においても対応しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。