会社設立後に制作するホームページについてのお勧め本

このホームページを見てお問い合わせをする方は多いこともあり、私(清水)も素人レベルですがHPのメンテナンスをしています。

 

会社設立で依頼される方に聞いてみると、「横浜 会社設立」「会社設立 横浜」を検索して、私の事務所へお問い合わせされるケースが多いです。

 

法律ジャンルと同じくらい、IT/Web本を手に取っていますが、最近読んだ中でお勧めできる本がありましたので、ご紹介致します。

 

『Webマーケティング思考トレーニング』(中央経済社 高畑哲平著)

http://www.amazon.co.jp/Web%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%80%9D%E8%80%83%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-%E9%AB%98%E7%95%91%E5%93%B2%E5%B9%B3/dp/4502694908

 

Webマーケティングと言うと、Googleツールや小難しいIT・マーケティングの用語の解説が多いのですが、この本は、Web以外にも問題があるかもしれない、という大局的な視点から触れています。

 

そもそも商品力がなくては、モノ・サービスは売れないというのは冷静に考えれば、当然のことです。

 

その意味でも自社の商品力そのものを問うことはとても大切なことです。

 

商品力は、4つのP(Product, Price, Placce, Promotion)に分けられ、個別に書き出してみるとよいです。

 

Webに携わっている方に多少失礼かもしれませんが、Webは販売サポート機能と言えます。

 

よって、Webだけに問題があると思い改善して、モノが売れるかというと、そうではないです。

 

著者の高畑氏は「Webサイトの成功に特別な知識は必要ない」と書いているように、本質はシンプルということに気付かされます。

 

私もサイトを運営しているので、よく分かるのですが、自分の訴えたいことと、お客様の求めていることが一致しているとは限りません。

 

どちらかというと、食い違いがあったり、真逆であることもあるのではないでしょうか。

 

その意味では、コンバージョン(問い合わせ・申し込み)が起きるためには、お客様の考えていること・求めていることを提供できることです。

 

意外とシンプルだと思います。

 

しかし、小手先のテクニックに走る方は多く、PPC、SNS、検索エンジンのテクニックを学ぶ人も多いのではないでしょうか。

 

マーケティングの本質を易しく理解できる本です。

 

「ホームページ作ろうかな」と考えている方に、必読の書と言えます。