会社設立時に用意する印鑑とは?

会社設立時に準備する必要事項の中に「印鑑」があります。


これまで自分の「実印」はあるかもしれませんが、

会社に必要な印鑑となると「どうすればいいの?」と悩まれる方もいらっしゃいます。

 

そこで、会社設立時に準備する印鑑について、説明致します。

 

1.実印(代表印)

法務局に届けをして、登録する印鑑です。官公庁に提出する書類や契約書に押す印鑑です。

株式会社の場合は真ん中に「代表取締役之(の)印」と書かれています。

 

2.銀行印

銀行の法人口座の開設、取引時や、手形や小切手の振り出し時に使う印鑑です。

銀行印は経理担当者に持たせることが多いです。

一見実印と似ていますが、よく見ると「銀行之(の)印」と書かれています。

 

3.角印(社印)

見積書、請求書、領収書など実印を押すほど重要ではない書類に押す印鑑です。

 

通常会社設立時には、この3本の印鑑の準備をするとよいです。

 

追加しておススメするのが、ゴム印(横書き)です。

各種契約書の署名欄などに自筆する代わりになります。会社名、本店所在地、会社電話・FAX番号、代表取締役氏名等が彫られています。セパレート式という、分離できるタイプのゴム印は使い勝手がよいです。