イノベーションについて考えてみた。

企業にとって必要なものと問われ、「イノベーション」と答えるのは、ごく自然なことであろう。

 

イノベーションとは、ドラッガーによると、「富の創出能力を増大させるもの」と定義づけられている。

 

イノベーションを起こすために必要なことというと、『20%ルール』が有効であろう。

 

『20%ルール』と言われると、Googleが有名である。

 

Googleでは、『20%ルール』を活用して、Gメール、グーグルニュースが生まれ、次世代端末のグーグルグラスも実験中である。

 

一方、起業(あるいは会社設立)を行い、軌道に乗り始めると、時間が足りなくなるのが、通常である。

 

当然依頼のあった仕事を行うことは大切だが、今後の会社の成長を考えれた『20%ルール』を運用させるのも大事ではないだろうか。

 

日本でもイノベーションが求められているため、今後『20%ルール』が日本にも定着するのを希望している。