Q. 法人と個人事業主はどちらが得なのでしょうか?

A. 法人と個人事業主とはそれぞれメリット・デメリットがありますので、お客様の方向性や状況によって変わります。

 

法人にした場合、株式会社の登記費用に20万円以上、合同会社の登記費用に6万円かかり、また赤字の場合でも法人事業税7万円支払う義務がございます。

一方、個人事業主の場合、手続きは税務署に届出をする程度で済み、赤字の場合特に税金を納める必要はございません。

 

税金メリットで考えると、経費に左右されますが、売上高800万円~1,000万円以上になると、法人の方が税金が少なくなると言われます。

 

手続きにおいても法人は定款・登記の書類作成のハードルも高く、また決算も別表の作成、証拠書類の準備など、個人事業主に比べると分量はかなり多くなります。

 

とはいっても、株式会社など法人化することで、「信用」が高まり大手企業や不動産会社との契約がスムーズに運ぶことも多くなります。

現に当事務所においても、契約に関わることが原因で法人化のご依頼を頂くことも多いです。

 

まとめ:

手続き面で考えると、法人(会社)の方がめんどうなことが多いです。しかし「社会的信用」を得ることも多く、企業との取引や契約の面で有利に運ぶことも多いのも現実です。