個人事業主から法人化するタイミング

個人事業主から法人へ変更するタイミングは、人それぞれというのが、弊行政書士事務所の考えです。

 

しかし、これまで個人事業主から会社設立へ依頼されたお客様で多かった事例は、

 

「仕事上における取引先からの要望」

 

でした。

 

それなりの規模の会社と取引するようになると、「信用」が重要となり「契約上法人形態にしてもらいたい」と取引先から言われたといったものです。

 

税金メリットで言えば、売上高800万円~1,000万円辺りが目安と言われていますが、税金メリットよりも仕事上の都合といったケースが多い感じがします。

 

逆に考えれば、「より大きな仕事をしよう!」という考えで、会社設立を先に行い、それなりの会社ともいつでも取引・契約ができるよう準備しておくのも一つの考え方だと言えます。

 

会社にすれば、赤字であっても法人事業税が毎年7万円かかるなど、それなりのコストはかかりますが、株式会社など法人形態の方が「信用」を得やすいのも事実です。