会社設立のメリット・デメリット

「会社設立」において、メリットとデメリット両面がございます。

それぞれのメリット・デメリットを考え、よりご自身のビジョン・方向性に合う形態をお選びすることをお勧めします。

 

会社設立のメリット

・「信用」を得やすいです。

 具体的には、企業(大手企業)と契約を結ぶときには、法人であることが求められることが多いです。

 このことにより、より大きな仕事の依頼を受けることもあります。

 不動産賃貸契約のとき、不動産会社より法人を求められるケースもございます。

 

・会社とプライベートを明確に区分できます。

 とりわけおカネの面で、会社とプライベートを明確に区分することができます。

 公私混同を行うと、結局おカネの管理がルーズになりがちです。

 経営を行っていく上でも、資金管理は非常に重要です。

 

・社会保険加入が必須であり、将来の保障や良い人材を得やすい。

 法人は社会保険加入が義務となっています。

 そのため将来への保障が得やすく、待遇面も向上することから良い人材を獲得できる環境が整います。

 

 

会社設立のデメリット

・手続きはめんどう

 個人事業主であれば税務署に届出を行うだけで、事業の開始ができます。

 しかし、法人となると、定款・登記申請、税務署、年金保険機構への届出、しかも従業員を抱えると、労働基準監督署・ハローワークへの届出など、必要な手続きが圧倒的に変わります。

 

 経費面では、登記費用で20万円(株式会社)、6万円(合同会社)かかり、赤字でも法人事業税7万円かかります。

 個人事業主でも確定申告において、青色申告で行っていれば帳簿を付ける必要がございます。

 しかし、法人では帳簿付けが必須で、税金申告も別表、証拠書類の作成も個人事業主に比べ、かなり書類も増えていきます。

 

・税金メリットが出るのは、売上700万円~1,000万円以上から

 法人税の面で考えれば、税金メリットが出るのは、経費も関係もありますが、売上700万円~1,000万円からと言われています。

 

まとめ:

「会社設立」においてもメリット・デメリットがあります。ご自身の将来像や方向性を考えて、「会社設立」を決断するとよいです。

税金メリットが出るのは、売上700万円~1,000万円以上と言われますが、将来の事業拡大を見越して、利益を上げる前から「法人化」される方も現実には多いです。